そもそも人間は呼吸や消化によって相当数のカロリーを消費するため、ベッドの上で寝ているだけでも痩せることができます。

問題は摂取するカロリー数と消費するカロリー数のバランスが悪いだけで太ってしまいますので、自分の消費カロリーを把握すれば無理な運動を取り入れなくてもダイエットは可能になります。

いわゆる寝ているだけで消費する基礎代謝の消費カロリーは年齢や性別によっても違いますが約1,300kcalです。

あとはこの1,300kcal内でお腹いっぱいにあるまで食べられる食材を探せば、いずれは減量に成功します。

ところがもっと痩せようと、慣れないジョギングをしてお腹が空いてしまい慢性的な空腹状態になると、いずれはリバウンドがやってきます。ダイエット中にはストレスを感じない痩せ方しないと必ずリバウンドがやってくるのです。

また、リバウンドしない食事管理も必要です。

バナナやゆで卵など、ひとつの食物にこだわった食事ダイエット方法はリバウンドがやって来ることが多く、まして脂分の多い食事をすると体内にまで蓄積されるため、食事量を制限するか摂らないようにして、脂分の少ないものに代えるべきでしょう。

特に脂肪分に変化するライスやパンそしてパスタなどの炭水化物は気を付けて摂るようにしましょう。

関連する記事

リバウンドの原因はダイエット後の食事管理にあります

You May Also Like